ショーケース
2019.01.18 UP

012.廣瀬 祥大《屋久島から取手に旅行へ》2019.1.8 ー 24

ショーケース SHOW CASE directed by Ozawa Tsuyoshi 
2019.1.8.ー 1.24

#12.廣瀬 祥大《屋久島から取手に旅行へ》


 

[作家について about Artist]



廣瀬 祥大   Hirose Yoshihiro
1994年生まれ。東京藝術大学美術研究科在籍



 


 


 


[コンセプト concept]


ゴキブリはどこからやってくるのか、多くの人は人生の中で思うことが一度はあるように思う。密室のはずの家の中に突如現れる。
今回はサツマゴキブリ*1が屋久島から取手へと、人間の叡智と文明を利用してダンボールに入ってやってきた。
形状が小判に似ていて、森林性のゴキブリである。

これはサツマゴキブリが屋久島から取手へ旅行にきたというものである。しかしゴキブリが入っているケージは日本郵政で送られてきた段ボールに乗せられており、周りには梱包材が置かれている。また、ケージ内には金魚などを飼育する際に使われる水草や日本庭園にある橋を模したものが設置されている。
ところでゴキブリという生物は日本だと50種以上生息しており、世界に目を向けるとその数は約4000種以上生息していると言われているが、そんなゴキブリもニッチではあるものの他のペット同様、乱獲やブリーダー的存在、環境悪化によってその数を増減させつつ、市場の中を流通している。これは一度そんな彼らを見てみようというものである。

*1 国内南方に生息する種で成虫になっても羽の生えない森林性のゴキブリです。昨今では九州以南以外でも国内外来種として高知県や和歌山県、東京都の小笠原諸島にまで生息地を拡大しています。

 

[イベント]


 
1月15日(火) 18:00-

作家トーク
『屋久島から取手に旅行へ』
司会:小沢剛


※予定内容から変更になりました
『天かす≒?粉末 & うどん』
トーク後には昆虫が材料となったお料理と、香川県出身の作家による手打ちうどんを振舞います。
そのほかにもサツマゴキブリの生育地である屋久島の焼酎もご用意致します。飲食費:学生無料
一般500円

 


一覧にもどる