• トップ
  • お知らせ
  • 藤岡勇人 《72 Sliding Doors in Progress》2019.11.5ー 12.1 Showcase in the Screen
スクリーン
2019.11.03 UP

藤岡勇人 《72 Sliding Doors in Progress》2019.11.5ー 12.1 Showcase in the Screen

スクリーン Showcase  in the Screen 
2019.11.5ー 12.1 ※初日のみ12:00オープン 

藤岡勇人 《72 Sliding Doors in Progress》


 

[コンセプト concept]


 
美大を卒業したばかりの若手作家が京都の禅寺に住み込み、72面の新しい襖絵を描き上げるという、退蔵院方丈襖絵プロジェクトの紹介映像。絵師として招かれた村林由貴が、寺での生活から地・水・火・風・空の五輪のイメージを構想し、それらを水墨画で描いた襖絵が納められる。プロジェクトは2011年に始動、本作品はその紹介映像として2015年に製作し、イタリア・ラヴェンナで開催されたNuovi Orientamentiで上映。プロジェクト及び関係者への取材は、現在も継続して行っている。

 
 

 

[作家について about Artist]


 

藤岡勇人



東京藝術大学大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻特任助教。2016年ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ校MA Culture, Criticism and Curation修了。2013年から2015年まで一般社団法人産業人文学研究所に勤務し、インディペンデントキュレーター、映像作家としての活動を始める。2013年より退蔵院方丈襖絵プロジェクトのドキュメンタリー「72 Sliding Doors」を制作し、2015年にイタリア・ラヴェンナのNuovi Orientamentiで上映。最近の主な展覧会企画に「On the Verge of Fiction 」(台北, 2019)や「Tokyo Analogies | Richard Nicholson」(ロンドン, 2017)など。現在はアーティストの西村雄輔と協働で、愛媛県の山林と空き地を活用したプロジェクト「Nagahama Works」を手がけている。

 
一覧にもどる